2015/02/22

こーどこんぷりーと

ブログが全然更新できていなかったのですが、
また最近書きたいことができてきたので更新を再開します。

技術的にレベルが低すぎてブログに書くと恥ずかしい事や
本当にどうでもいいことを書く場所が欲しかったので、
このブログを再活用しようと思い立ったのです。


突然ですが「こーどこんぷりーと」という本を買いました。
プログラムやるなら読め! みたいな風潮があって気になっていたのですが、
高すぎて手を出すのが億劫になっていたところ、
セールしてたので買いました。




いつまでセールやってるのかは謎です…


それでこの本を読んで残しておきたいことをメモしていきたいと思います。


2014/04/21

SQL文をコピペ用にメモ

ここにメモってるSQLはMySQLとPostgreSQLでの使用を想定しています。
Oracleも一応メモってますが怪しいです。。

データベースの作成

CREATE DATABASE  db名;

テーブルの作成

CREATE TABLE テーブル名 (列名 データ型 制約,列名 データ型 制約);

テーブルの削除

DROP TABLE テーブル名;

テーブルの列追加

ALTER TABLE テーブル名 ADD COLUMN 列の定義;

Oracle
ALTER TABLE テーブル名 ADD  列の定義;

テーブルの列削除

ALTER TABLE  テーブル名 DROP COLUMN 列名;

Oracle
ALTER TABLE  テーブル名 DROP  列名;

テーブル名の変更

Oracle,PostgreSQL
ALTER TABLE 変更前のテーブル名 RENAME TO 変更後のテーブル名;

MySQL
RENAME TABLE 変更前のテーブル名 TO 変更後のテーブル名;



2014/04/12

うちの開発環境設定メモ(CentOS)

XPが入っていたネットブックにCentOS(6.2)をインストールしたので
設定の手順をメモっておこうと思います。

適当なVPS借りても月額1000円くらいなので
そっちの方が安上がりで簡単かもしれませんが

ローカルのネットワーク環境で試せるのと
置物になってるネットブックを活用できるのでやってみました。


OSはCentOS(6.2)をインストールしています。
Ubuntuもいいなー。と思ったんですが、
CentOSの方が動作が軽いみたいだし、
何度か使った事があったのでこっちにしました。

ただ、今までは5.x系の経験しか無くて
6.x系は初めてなのでいろいろ躓きそうですがやっていきましょう。


日本語にする

USBのLiveOSからHDDにインストールしたので表示が英語になってしまいました。
ターミナルから設定する方法もあるみたいですが、GUIでもできました。

ユーザーログインのパスワードを入力する時に画面下部のステータスバーに
言語を選択するボックスが表示されるのでそこで日本語を選択すればOKでした。

ソフトウェア更新をする

windowsアップデートのようなやつです。
[システム]  > [管理] > [ソフトウェア更新] と進んで更新します。
ターミナルだと
#yum -y update
とかでいいんじゃないかな。

SSHで外部から接続できるようにする

macのターミナルから操作したいので
SSHの設定を先に済ませます。

[システム] > [サービス]の画面から
sshdを選択して、有効にして開始を選択します。

ターミナルから $ssh ユーザー名@接続先 で接続。

こんなエラーがでちゃったら
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@    WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!     @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


$ rm ~/.ssh/known_hosts

これでhosts情報を消せばOK


CUI起動に変更する

サーバーとして使うのでGUIは不要なわけです。
なので通常はCUIで使うよう設定を変更します。

ターミナルでrootユーザーになってこのファイルを編集します。
# vi /etc/inittab 

id:5:initdefault:
id:3:initdefault:

これで再起動すればCUIで立ち上がるはず。


次はこの開発サーバーを使ってDBの復習をしていきます。

2014/04/11

ネットブックのwindowsが起動しなくなった。。

ネットブックにCentOSとか入れたり消したりしていたら
MBRの領域をフォーマットしてしまった(?)ような感じで
間違ってwindowsもlinuxも起動しなくなってしまったので
復旧までの道のりをメモっておきます。


2014/01/05

eclipceにScalaプラグインのインストール

 Play Frameworkの設定が途中でなんだかモヤモヤするので
設定するところまでは書いておこうと思う。

とりあえず、プラグインをDLするURLを取得します。

http://scala-ide.org/download/current.html











そして、eclipseを設定します。




あとはインストールして再起動すれば使えるはず。。